リメイク(カットソー)のハウツー *つづきです*


前回は身頃の脇線縫いで終わりました。
今日は袖付けからご説明します。

d0328832_10293897.jpg

袖付けの前に、肩線と見返しを接ぎ合わせておきます。

d0328832_10342327.jpg

ピンクの袖を付けるのですが、袖口の生地が伸びたのか?少し大きいので、
細くするために、袖下を起点として、袖口に向かって詰めていきます。
縫った後に縫い代をカットし、袖口はお好みの幅に折って、ステッチをかけます。
説明し忘れましたが、縫い代はすべてロックミシンで始末します。
これで袖の準備ができたので、袖を付けます。

d0328832_10462397.jpg
d0328832_10454617.jpg

             いきなり袖の付いた図でゴメンナサイ (^_^;)

ニットなので袖山にいせは入れません。
均等にマチ針を打ち、心配ならしつけをして縫い合わせます。
布帛(織物)と違って、ニット地は扱いやすく、
気軽にトライできて、おススメです (^^♪

最後にペプラムを付けます。
ペプラムは元型のブルーは後ろ身頃をピンクは前身頃を使いました。
ピンクの方は前身頃がカシュクールタイプのデザインなので、
打ち合わせの部分が二重になっていて十分足りました。

d0328832_1059373.jpg

ペプラムをお好みに作っておきます。
その時に、ペプラムの上辺の寸法と身頃の裾周りの寸法を必ず合わせます。
脇線もずれないように合わせます。
寸法があっているのを確認できたら、裾を折り上げてステッチをかけておきます。
そして身頃とペプラムを接ぎ合わせます。

d0328832_116645.jpg

d0328832_1165917.jpg

これでおおかた完成です (^O^)/
あとは、細かい始末をしてフィニッシュ!

性格が割とおおざっぱなので、(縫いはていねいですよ~)
説明不足が多々あったかもしれません。
ご質問があれば、お気軽にお聞きくださいネ ♡


年明けの私の勤めるリフォームショップでは、
入園入学グッズの準備を始めました。
空き時間で、ディスプレー用のグッズを作ります。
子供の物は、何度作っても楽しいです。
ワクワク (^^♪


にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています
[PR]
by mizuho2013 | 2014-01-06 11:37 | リメイク